不動産担保ローンの審査について

不動産担保ローン比較NET 不動産担保ローンなら高額融資を低金利で長期返済が可能です

不動産担保ローンの審査について

不動産担保ローンの審査は、通常は、借入をされる方の個人信用(収入に基づく返済能力)と、担保として差し入れる不動産の価値の両面で判断されます。

どちらに重点を置くかは事業者によって異なりますが、やはり最も重要なのは、担保となる不動産の価値がいくらなのか、「融資額に対し担保として問題の無い価値があるのか」という点になります。

当然ながら融資額も担保価値に左右されます

担保に入れる不動産の評価額が高ければ、それだけ多額の融資を受けられ、金利も低く設定される可能性が高くなります。

また、不動産の「流通性(すぐに売却可能かどうか)」も融資額や金利に大きく影響します。

これは、仮に契約者が返済不能となった場合でも、株式等の有価証券等と比べると不動産は、売ります→即売却とはなりにくいためで、土地の形や建物の状態、ビルであれば、テナントの状況、法令上の制限(調整区域、建ぺい率、容積率等)が大きく影響してきます。