不動産担保ローンと総量規制

不動産担保ローン比較NET 不動産担保ローンなら高額融資を低金利で長期返済が可能です

不動産担保ローンと総量規制

総量規制とは、2010年6月に施行された改正貸金業法で定められたもので、貸金業者からの個人の借入限度額が年収等の1/3までに制限されるという規定のことで、返済できないような過剰な貸付を防止するための規制です。

ただし、総量規制の限度額を超えた場合でも利用者に有利となるようなローンまで規制しないように「総量規制の適用除外と例外」というのが定められており、不動産担保ローンは、原則としてその対象外です。

しかし、自宅を担保にして無理な借り入れを行った場合に返済が出来なくなれば住む場所を失う、との配慮から、対象外となるのは、自宅を除く不動産を担保とした不動産担保ローンとされています。

自宅を担保にした不動産担保ローンでも総量規制の対象外となる場合も

前述の通り、自宅を担保とした不動産担保ローンは原則として、総量規制の対象となりますが、複数借入の一本化(おまとめ)等で、そのお借入が貸金業法に定める「有利借換(顧客に一方的有利となる借換え)」に該当する場合には、「総量規制の例外」となり、不動産担保ローンの利用は可能です。

また、資金使途が、リフォーム資金の場合や、担保となる不動産を売却して返済する予定の場合には、借換資金やその他の資金でも、「総量規制の例外」となります。

金融各社も借入の目的や返済の予定などに応じて様々な対応が可能ですので、まずは担当者に相談してみることをお勧めします。