不動産担保ローンの返済方法について

不動産担保ローン比較NET 不動産担保ローンなら高額融資を低金利で長期返済が可能です

不動産担保ローンの返済方法について

各社の不動産担保ローン商品の詳細には、選択可能な返済方式が必ず記載されています。
返済方式毎にそれぞれ特徴があり、長所も短所もありますので、よく理解した上で利用しましょう。

  • 元金均等返済
    予め決まった定額(元金返済分)と支払利息額を支払う方式で、支払い開始から元金返済分が固定なので、確実に元金を減らせるため、一般的に元利定額方式より総支払額が少なくなります。
    また、返済が進み借入元金残高が少なくなっていくにつれて、利息分の支払いも少額になっていきます。
    ただし、支払開始時は、借入元金残高が多い為、毎月の支払額も高くなってしまう特性があります。
  • 元利均等返済
    元利均等返済は、毎月の返済額を一定額に設定し、支払額の内訳(元金充当分と利息分)を変化させる返済方式で、基本的に返済期間中は、返済額が変わりません。支払い開始から終了まで、支払額が一定なので支払の計画が立てやすいのがメリットですが、支払開始時は利息返済分の比率が高くなってしまい、元金が減りづらいという特性があります。
  • ボーナス併用返済
    月々の返済に加えて、ボーナス時にある程度多めに返済する方式で、元金を、毎月の返済分とボーナス返済分に分けて、それぞれに利率を掛けた額が返済額となり、月々の返済額を低く抑えることができるのが特徴です。
  • 自由返済
    月々の最低返済額だけを決めて返済する方式で、最低返済額以上の金額を返済した場合には、最低返済額との差額分を元金返済に充当していきます。
    余裕のあるときに多めに返済すれば、それだけ早く元金を減らすことが出来るので、毎月決められた金額を定額で返済していく場合より、利息分を少なく抑えることができる可能性があります。
  • 元金一括返済(期日一括返済・元金据置返済)
    借入期間中の通常月は、利息のみを支払い、最終支払期日に一括して元金を返済する返済方法で、毎月の返済が利息のみになる為、他の返済方法に比べて月々の支払金額は少なくなります。
    不動産を売却する際に、売買代金が入金されるまでのつなぎ資金として利用されます。

早期完済を目指すなら繰り上げ返済も積極的に利用しましょう

不動産担保ローンも住宅ローン同様、繰り上げ返済が利用出来ます
繰り上げ返済を利用することで元金が早く減り、繰り上げ返済した分、返済期間を短くしたり、繰上げ返済以降の月々の返済額を少なくすることが出来ます。

また、借入元金残高が早く減ると言うことは、金利を安く抑えることが出来るということでもああります。