不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローン比較NET 不動産担保ローンなら高額融資を低金利で長期返済が可能です

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンの最大のデメリットは、もし仮に借入金の返済が不可能となった場合に、担保として差し入れた不動産を手放す必要が発生しまうことです。

借入の際に不動産を担保として差し入れた場合には、金融機関により、その不動産に対し「抵当権」が設定されます。

これにより、もし仮に返済が滞った場合には、金融機関は、その不動産を強制的に売却することが出来るので、その不動産の売却代金の中から残り債務を返済することになります。

結論:結局は使い方次第です

これは、不動産担保ローンに限らずあらゆるローンに言えることかもしれませんが、結局の所、何事も「使い方」次第です。

前項の「メリット」と上述の「デメリット」をよく理解した上で、上手に使いこなしましょう。

不動産担保ローンの場合は特に、長期での借入れとなるケースが多い分、不測の事態が起こる可能性も高くなるということも想定しておく必要があります。